職業

職業安定所の給付金とは? 困窮する前に手続きしておこう

職業安定所のイメージ写真
職業安定所の給付金を上手に利用しよう

フリーライターとしてかなりヤバい状況になった時、給付金に助けられたASUKAです。

私の場合は持続化給付金と家賃給付金ですが、おかげで持ち直すことができました。

普通の仕事をしている頃、転職のたびに私がお世話になったのが職業安定所の給付金です。

正確には失業手当といいます。

一般的な職場に就職すると、社会保険と厚生年金が給与から引かれているのを御存じでしょうか。

アルバイトやパートでも、条件を満たすと社会保険と厚生年金を作ることができます。

給与が少なくなって嫌だという人も多いですが、社会保険は病気やけがをした際に、厚生年金は老後にもらえる年金額を左右しますので我慢しましょう。

引かれついでに給与明細を見ると、雇用保険という項目があるのは知っていますか。

実はこの雇用保険料こそが、失業時にもらえる給付金のために引かれています。

逆に言えば、雇用保険料が引かれていなければ失業した際に給付金は受け取れません。

では、職業安定所の給付金とは、どのようなものなのでしょうか。

これから順番に説明します。



職業安定所の給付金をもらえる条件!
知っている人だけが得をする

職業安定所でもらえる給付金には、条件があります。

さらに、職業安定所で手続きをしないともらうことはできません。

職業安定所の給付金があることを知らずに、手続きをしなければ1円ももらうことができません。
では、給付金の条件とはどのようなものなのでしょうか。

まず1つ目は、失業保険を一定期間払っていることです。

2つ目に失業状態にあり、再就職の意思がある事です。

つまり再就職の意思があり、日銭を稼ぐためにアルバイトをしている場合、給付金がもらえないか減額されることがあります。

もちろん、仕事も何もしたくないと全く行動を起こさない場合ももらえません。

きちんと就職活動をしているという意思表示が必要です。

そのためには、職業安定所にある求人パソコンなどを利用することをおススメします。

求人パソコンを使用した場合、職業安定所の方に気に入った職場の紹介所を書いてもらえることがあります。

就職が無事に決まった時は、入社祝い金をいただくことも可能です。

残念ながら仕事が決まらない時には、認定日に職業安定所に行くことで給付金をいただけますが、期限が必要な場合もあります。

職業安定所の給付金を受け取る期限については、次章で説明します。



職業安定所の給付金は期限付きのものもある!
余裕を持つことも大切

職業安定所の給付金は、手続きをすればすぐにもらえるものではありません。

重要なのは、どのような辞め方をしたかです。

基本的に会社の方から辞めさせられた場合は、待期期間の7日間が過ぎれば給付金が出ます。

しかし、自己都合での退職の場合、3ヶ月の待期期間があります。

この期間にアルバイトをした際は、給付金額から引かれますので申告が必要です。

就職が決まった場合は、入社祝い金が出ることがありますので、期間の確認をきちんとしておきましょう。

給付してもらえる金額や期間は、退職した職場での収入や在籍日数で決まります。

職業安定所で最初の手続きの際に確認しておきましょう。

手続きの際には、前職の離職票が必要になります。

上司と喧嘩をしてそのまま辞めてしまうと、離職票を請求しづらくなります。

円満退社を心がけましょう。

また、事前に次の仕事を決めていた場合や、独立開業の場合はもらえないこともありますので気をつけましょう。



職業安定所の給付金を上手に使おう!
お得なのは職業訓練

職業安定所で就職先を探している時に、資格が必要な場合も少なくありません。

そのような時におすすめなのが職業訓練です。

職業訓練の種類によって条件が異なります。

条件に合っている場合は、職業訓練自体が就職活動になりますので、勉強に集中できます。

職業訓練の場合、失業中の人だけではなく失業保険を払っている人対象のものもありますので、自分が欲しい資格があれば利用しましょう。

間違っても、給付金の期限が長くなるからと期間が長い職業訓練を選んではいけません。

失業給付は税金から支払われています。

不正受給をした場合には、3倍で返却しなければいけません。

悪い事を考えず、きちんとした手続きで資格取得や給付金をもらうようにしましょう。



まとめ

いかがでしたか。

職業安定所の給付金について書かせていただきました。

日本の給付金のほとんどがそうですが、手続きをしなければ1円ももらえません。

事実、20代のころの私は職業安定所に給付金があることすら知らず、条件を満たしているのにもらっていなかったことが多々ありました。

基本的に職業安定所の給付金は、1度もらうと2年以上経過しないともらうことはできません。

逆に言えば、1度給付金をもらっても、2年以上仕事を続けることができ失業保険を払っていれば、申請することで再びもらうことが可能です。

転職回数が多いというのは、世間的に良くないと思う人も多いですが、もらえるものはもらって次のステップに進むことも戴せtなのではないでしょうか。

本記事を読んで、職業安定所の給付金があると知っていただけたら幸いです。

それでは、「職業安定所の給付金とは? 困窮する前に手続きしておこう」の記事をここまで読んでいただき、本当にありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

<スポンサーリンク>

-職業
-

© 2021 ASUKA L.T.S Powered by AFFINGER5