転職

転職で確定申告は必要か? 状況に合わせて説明

損しているかもと考えるイメージ写真
確定申告をしないと損することも!

確定申告は毎年提出するのみにしているASUKAです。

会計ソフトがあると、数値を入力するだけで申請書類ができるので便利です。

一般的に確定申告は、自営業の人が行うものだというイメージが強いです。

基本給のある職場で働いていると、税金や保険料は自動的に引かれますし、年末に突然還付金がもらえたりしますよね。

人によっては、損害保険や生命保険などで還付金を増やすため確定申告をする人もいます。

また、転職をした際に、確定申告が必要かどうか迷う人もいますよね。

そこで本記事では、転職で確定申告が必要な場合について書かせていただきます。

転職をして確定申告をどうしようかと迷っている人の参考になれば幸いです。















転職で確定申告が必要な場合 その1
前職を辞めたのが申請期限より前だった

転職で確定申告が必要な場合の1つ目は、前職を辞めたのが申請期限より前だった場合です。

転職先の会社にもよりますので一概には言えませんが、申請期限ギリギリで入社した場合、自分で申請した方が良い場合もあります。

確定申告が必要なのは所得税で、令和4年であれば2月16日(水曜日)から3月15日(火曜日)が期間です。

前年の1月1日から12月31日までの収入に対する所得税を申請します。

ほとんどの場合、税金を払い過ぎになっていることが多いので、還付金として返ってくる可能性が高いです。

トントンだった場合は、住民税の申告をしなくて良いのがメリットです。

一般的には、前年の終了時に源泉徴収票を前職が作成してくれますが、こちらから連絡しないといただけない場合もあります。

特に円満退社ではない場合は、なかなか源泉徴収票をもらいづらいため、申請をしないという人もいます。

年間で2000万円以上の収入があるのなら別ですが、それ以外であれば、損することはあっても追加納税がでることはまれです。

いずれにせよ、申請期限は会社も既存スタッフの所得税計算などでバタバタしていることが多いです。

職場で聞かれることもありますが、自分で確定申告をした方がイメージが良くなります。

また、確定申告を会社にやってもらう場合でも、前年度の源泉徴収票は必要です。

税金の払い過ぎが気になる人は、円満退社ができるよう日頃から気を付けておきましょう。




転職で確定申告が必要な場合 その2
なんやかんやで前職が辞められなかった

転職で確定申告が必要な場合の2つ目は、なんやかんやで前職が辞められなかった時です。

転職をして新しい気持ちでスタートを切ったかと思ったら、前職から仕事の件で連絡が来る経験をした人も少なからずいるはずです。

簡単なものであればよいですが、下手をすると1週間や1ヶ月、休みの日に前職へ訪問しなければいけないこともあります。

その際、ボランティアよろしくお金をもらわないという人もいますが労働の対価です。

きちんと報酬はいただきましょう。

報酬をいただくということは収入ですので、確定申告が必要になります。

この場合、前職の仕事が年内で終われば良いですが、翌年までかかった場合は結構大変です。

所得税的には、20万円以内であれば確定申告申請の義務はありませんが、気になる人は税務署に相談してみましょう。

20万円を超えた場合、確定申告はその年の申請ではなく、翌年の申請になります。

例えば、前職の仕事を年内で終わらせましたが、翌年になって追加の仕事が入ったとします。

転職先は4月くらいから働くとしておきます。

そこで空白時期でもある1月~3月に20万円を超える報酬をもらった場合、翌年の2月16日から3月15日に申請をする必要があります。

どこの会社にも手のかかる後輩はいます。

自分が抜けることで、会社が立ち行かなることがある場合も珍しくありません。

どうしてもと頼まれれば、ついつい引き受けてしまうのが人間です。

報酬につられて、面倒くさい確定申告をしないように注意しましょう。

辞めてしまえば前職はしょせん前職です。

「それくらいは残った人で何とかしてください」と、冷たく突き放すのも1つのけじめです。



転職で確定申告が必要な場合 その3
退職後から再雇用までの期間にアルバイトをした

転職で確定申告が必要な場合の3つ目は、前職の退職後から再雇用までにアルバイトをした場合です。

これも前年の1月1日から12月31日までの期間です。

最近では雇用保険の給付を受ける人も増えてきましたが、自己都合の場合に申請から給付までの期間が長いこともあり、アルバイトをする人もいます。

特に転職先を決めて退職した場合は、すぐに働き出せればよいですが、時期的に数ヶ月空くことも珍しくありません。

転職先が決まっていれば雇用保険の給付は受けられませんので、必然的にアルバイトをする人もいます。

アルバイトをした場合の収入は、1年間で見た場合、2ヶ所から収入を得たとみなされますので確定申告が必要です。

既に仕事をしていてアルバイトをする副業の場合は20万円という控除があります。

しかし、つなぎの場合はかけもちにならない場合が多いので、念のため確定申告をしておいた方が無難です。




まとめ

いかがでしたか。

転職で確定申告が必要な場合について書かせていただきました。

ここ数年の確定申告は、新型コロナウイルスの影響で期間が長くなったりしていますので、自分の住むエリアの税務署で確認しておきましょう。

また、確定申告自体は、期限外であっても受け付けてもらえます。

期限前や期限後でも大丈夫の場合もあります。

もし状況的にそのようになってしまった場合は、税務署に確認してみましょう。

本記事が、転職したけどは確定申告をするのかしないのかよくわからないという人の参考になれば嬉しいです。

それでは、「転職で確定申告は必要か? 状況に合わせて説明」の記事をここまで読んでいただき、本当にありがとうございました。

また、次回の記事でお会いしましょう。




<スポンサーリンク>

-転職
-

© 2022 ASUKA L.T.S Powered by AFFINGER5